←トップ頁へ

検索名  アルトロポディウム・カピリペス  
和名 ディコポゴン・カピリペス
漢字表記
別名・異名 アルトロポディウム・カピリペス
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のdicha(=複製、対の)とpogon(=髭状の、刺状の、剛毛の)の合成語から。/種小名はラテン語のcapillus(=糸状の、毛髪状の)とpes(=足)の合成語から。
学名 Dichopogon capillipes(=Arthropodium capillipes)
英名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ジョン・フォレスト国立公園
葡名
漢名
植物分類 キジカクシ科ディコポゴン属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ディコポゴン・カピリペスはキジカクシ科の多年草である。本種は、オーストラリア大陸西部沿海地の砂壌地に自生する野草である。地下に長さ2~2.5㎝程度の楕円状球根を持つ。草丈は0.3~1.5m程度となる。葉は、長さ5~15㎝、幅0.5~7.5㎜程度の線形である。9~1月頃、0.3~1.5m程度の花茎を立ち上げ、上部に総状花序を出し、青紫色の3弁花をつける。花弁の長さは1~2㎝程度で、その下には、花弁と同色の萼片が3個付く。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考