←トップ頁へ

和名 アルメリア・サムパイオイ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・ベイラ地方
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。
属名はケルト古語を語源とし、「海岸に自生する植物」の意。
種小名はポルトガル語のSão Paio(=Rt.Pelagius)を語源としている。
学名 Armeria sampaioi
英名 armeria
仏名 Armérie
独名 Armeria
伊名 Armeria
西名 Armeria
葡名 Armeria
漢名
植物分類 イソマツ科ハマカンザシ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 イベリア半島
花言葉 同情
解説 アルメリア・サムパイオイはイソマツ科の宿根草である。草丈は、30~50㎝程度となる。葉は、全て根出し、長さ30㎝前後程度の剣形で、全縁、鋭頭、地面にロゼット状に広がる。6~9月頃、長い花茎の頂にほぼ球状の花序を出し、径1㎝程度で桃色の5弁花を多数つける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考