←トップ頁へ

和名 アロエソマリエンシス
漢字表記
別名・異名 ソマリエンシス
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、アラビア語のalloeh(=苦味のある)を語源としている。/種小名は「ソマリアの」の意。
学名 Aloe somaliensis
英名 Somalian aloe
仏名
独名
伊名 撮影者:東京都 中村利治様
西名 撮影地:筑波実験植物園
葡名
漢名 索馬里蘆薈
植物分類 ツルボラン科(←ユリ科)アロエ属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 鉢植え
原産地 ソマリア
花言葉
解説 アロエ・ソマリエンシスはツルボラン科(←ユリ科)の多年草である。アフリカ・ソマリアの乾燥地に自生が見られるという。草丈は30前後程度に。葉はロゼット状に開く、径30㎝程度となる。葉は多肉質な三角形状で、表面には強い光沢がある。葉色は茶色実を帯びた緑色で、表面には白色で楕円状の斑点模様が不規則に入る。葉の縁並びに先端には長さ4㎜程度の刺状突起がつく。花は、葉腋から出た長さ60~80㎝程度の集散花序につき下垂する。花は短い花柄を持った長さ4~5㎝、径1㎝程度の細長い筒状花で下向きに開花する。花色は白味を帯びた淡桃色で、花冠は5裂する。裂片の内側には周囲を黄色で縁取られた茶褐色の線状紋が入る。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考