←トップ頁へ

和名 アリサルム・シモリヌム
漢字表記
別名・異名            
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、同属のArisarum vulgareに対してディオコレデスが用いた名から。/種小名は「鼻のように出っ張った」の意。 撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様


撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方 
学名 Arisarum simorrhinum
英名 Friar's cowl
仏名              
独名               
伊名             
西名 Candil
Cachimba
Batatilla
Frailecillo
Zumillo
Candilejos           
葡名 Candis
Candeias
Candelária
Capuz-de-frade
Capuchinho-de-frade       
漢名            
植物分類 サトイモ科アリサルム属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 フランス南部~イベリア半島~北西アフリカ
花言葉             
解説 アリサルム・シモリヌムは、サトイモ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地で粘土質土壌地帯の岩の割れ目や窪地等に見られる野草である。草丈は5㎝前後程度である。葉は、厚味のある革質で、表面には光沢を持った心形である。12~3月頃、短い花茎を立ち上げ、その上部に長さ5㎝程度の仏炎苞をつける。仏炎苞の下部はほぼ白色で、上部は濃褐色となり、表面に数本の条紋が走る。筒状の仏炎苞は、概して下部で湾曲を見せ、それに伴い、内部からでる肉穂花序も曲がりを見せる。難し花序は、概して黄白色であるが、成長と共に、仏炎苞と同色となる。
履歴      
県花・国花             
古典1              
古典2
季語        
備考