←トップ頁へ

和名 アレチハナガサ
漢字表記 荒地花笠
別名・異名
古名
語源 和名は、生育環境と開花時の花姿からの命名と推測される。/属名は、ラテン語からであるが不詳。(ある種の神聖な草本植物名ということであるが、その植物名は不詳。)/種小名は「ブラジルの」の意。
学名 Verbena brasiliensis
英名 Brazilian vervain
仏名
独名
伊名     撮影者:東京都 中村利治様
西名   Verbena lila 撮影地:都内・荒川土手にて 
葡名 Verbena-do-brasil  
漢名 狭葉馬鞭草
植物分類 クマツヅラ科クマツヅラ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 ブラジル
花言葉
解説 アレチハナガサは、クマツヅラ科の多年草である。ブラジル原産の野草であるが、ヤナギハナガサ等と同様に我が国でも河川敷や路傍に帰化状態となっている帰化植物である。草丈は1〜2m愛知度。茎には4稜があり、ざらつき感がある。葉は倒披針形〜長楕円形で茎に対生する。6〜9月頃、茎頂に穂状花序をつけ、径2〜3o程度で淡青紫色の小花を多数付ける。
履歴 ブラジル原産の野草であるが、現在世界各地で帰化状態にある。我が国では、昭和32年(1957)に北九州市並びに大牟田市で雑草化しているのを発見されたのが最初で、年々北上している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考