←トップ頁へ

和名 アレチベニバナ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方


漢字表記 荒地紅花
別名・異名 カルタムス・ラナタス
古名
語源 和名は、原野に自生するベニバナの意。
属名はアラビア語のquartom(=染める)に由来している。
種小名は「羊毛のような軟細毛で覆われた」の意。
学名 Carthamus lanatus
英名 Wooly dwwarf thistle
Downy sunflower
Saffron thistle
仏名 Ccarthame laineux
Chardon béni des parisiens
独名 Wolliger Saflor
伊名 Zafferanone selvatico
西名 Espinas de cristo
葡名 Cardo-beija-mão
cardo-cristo
Cardo-sanguinho
Cártamo-lanoso
漢名 紅藍花/紅花菜
植物分類 キク科ベニバナ属
園芸分類 一年生草本
用途
原産地 地中海沿岸地方
花言葉
解説 アレチベニバナはキク科の1年草である。草丈30~70㎝程度となる。概して白色の羊毛状軟細毛で覆われるが、老成化すると無毛となる。茎は直立し、上部でよく分枝をする。葉は、披針形~卵形で、縁部は深裂し、裂片の先端部は刺状突起となり、先端部も鋭頭で刺状突起となり、基部では無柄で、茎を抱き互生する。7~8月頃、茎頂に径1~2㎝程度で黄色い頭花をつける。花は筒状花のみで構成される。花後には長さ0.5㎝程度の痩果をつける。
履歴 本種は、地中海沿岸地方原産種であるが、今日、南北両アメリカ大陸・オーストラリア等では帰化状態にある。
我が国では、昭和30年(1955)に帰化状態にあるを確認されて以来、近畿地方・四国を中心にして全国に広まりを見せている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考