←トップ頁へ

和名 アオイコチョウラン
漢字表記 青い胡蝶蘭
別名
古名
語源 和名は、花色から。/属名はギリシャ語phalaina(=蛾)とopsis(=似ている)で「蛾のような」の意で、花形から。
学名 ※解説欄参照
英名
仏名
独名
伊名 
西名
葡名     撮影者:東京都 中村利治様
漢名       '14サンシャイン蘭展会場にて
植物分類  ラン科ファレノプシス属  
園芸分類 多年生草本 
用途  鉢植え 
原産地 園芸作出品種
花言葉 
解説 アオイコチョウランはラン科の多年草である。'14世界蘭展に出品されて話題を呼んだ園芸品種である所謂ファレノプシススのハイブリッド種である。ファレノプシスはこれまで、属間交配によってたくさんのハイブリッド種が登場しているが、未だに青色の花を持つ品種は作出に成功していない。本種は、遺伝子組み換え技法を用いて、ツユクサから青色色素を採取し、ピンク系ミディ・タイプのPhalaenopsis 'Wedding Promnade'種に注入することによって青色の花を開花させることに成功したものと言う。完成までに10年の歳月を要したという。したがって、植物分類学的な学名は存在しないと言うことになる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考