←トップ頁へ

検索名 アンスリウム・アムニコラ
和名 アムニコラ
沖縄県:やんばる亜熱帯園にて↑

↑撮影地:とちぎ花センター↓



漢字表記
別名・異名 アンスリウム・アムニコラ
古名
語源 和名は学名の音読みから。
属名
に見られるAnthuriumとはギリシャ語のanthos(=花)とoura(=尾)の2語からできている。
種小名は「川(流れ)を好む」の意。
学名 Anthurium amnicola
英名 Tulip Anthurium
Dwarf purple Anthrium
仏名
独名
伊名
西名 anturio
葡名
漢名 紫苞花燭
植物分類 サトイモ科ベニウチワ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/切り花
原産地 パナマ
花言葉 恋にもだえる心
解説 アムニコラは、サトイモ科の多年草である。所謂アンスリウムの仲間であり、草丈は30センチ前後である。葉は楕円形もしくは楕円状披針形で、光沢を見せる。仏炎包は白色、赤色、紅紫色、藤色等と様々。肉穂花序は濃赤紫色となる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考