←トップ頁へ

和名 アンスリウム・クラリネルウィウム
漢字表記
別名・異名 アンスリウム・クラリネルビウム
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名に見られるAnthuriumとはギリシャ語のanthos(=花)とoura(=尾)の2語からできている。/種小名の語源不詳。
学名 Anthurium clarinervium
英名 The Mexican "Velvet Cardboard" Anthrium
仏名
独名
伊名
西名 Hoya de corazon
葡名
漢名 明脈花燭
植物分類 サトイモ科ベニウチワ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 メキシコ
花言葉 茨城県立植物園にて
解説 アンスリウム・クラリネルウィウムは、サトイモ科の多年草である。本種は、メキシコの標高800〜1200m級高地の熱帯雨林帯に自生が見られるという。草丈は30p前後程度。丸くて長い葉柄(長さ15p前後程度)を持った葉は長さ12〜15p、幅10〜12p程度の丸みを帯びた心臓形である。葉表はビロード状光沢の暗緑色で、銀白色の網目模様が入る。花は、30p前後程度の花茎を直立し、サトイモ科の植物らしく褐色を帯びた黄緑色で長さ5〜6p程度の仏縁苞をつけるが、鑑賞に堪える程では無い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考