←トップ頁へ

検索名  アンスリウム・アンドレアーヌム   
和名jp オオベニウチワ
拙庭にて(ニッタ種↑)

拙庭にて(アルバ種↑)

撮影地:とちぎ花センター↑ 
漢字表記 大紅団扇
別名・異名
another name
アンスリウム・アンドレアーヌム
古名old name
語源
etymology
属名に見られるAnthriumとはギリシャ語のanthos(=花)とoura(=尾)の2語からなり、肉穂花序が尾のように見えることから。
種小名は、発見者であるフランスの植物学者Edouard Andreの名に因んでいる。
学名sn Anthurium andreanum
英名en Flamingo Flower
Palette Flower
Little Boy Flower
Tale Flower
Anthrium
仏名fr anthrium
独名de Flamingoblume
伊名it Anturio
西名es Anturio
葡名pt Anturio
漢名ch 燭臺花
植物分類 サトイモ科ベニウチワ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え/切り花
原産地
distribution
コロンビア/エクアドル
花言葉 情熱/炎のような輝き/強烈な印象/煩悩/熱心
解説
description
オオベニウチワはサトイモ科の多年草である。草丈(と言っても葉柄の長さとなる)は80p前後となる。葉柄の先には30p前後、卵形で基部が矢じり形の葉をつける。葉は厚味があり、革質で光沢がある。葉柄とほぼ同じ程度の長さの花茎の先に写真に見られるようなワックスがけをしたような光沢のある美しい仏炎苞を見せる。仏炎苞は長さ15p前後、幅10p前後で、中央の肉穂花序の長さは6センチ前後となる。
履歴 明治36年発行の書物に既に登場しているので、明治の中頃には我が国に渡来していたと推測される。  
県花・国花  
古典1
古典2
季語
備考