←トップ頁へ

和名 アンスリウム
漢字表記
別名・異名
古名
語源 属名に見られるAnthriumとはギリシャ語のanthos(=花)とoura(=尾)の2語からなり、肉穂花序が尾のように見えることから。
学名 Anthurium spp.
英名 Flamingo Flower/PaletteFlower/Obake/Little Boy Flower/Tale Flower
仏名 Anthurium
独名 Flaminngoblumen
伊名 Anturio
西名 Lirio Flamingo
葡名 Antúrio
漢名 安祖花
植物分類 サトイモ科ベニウチワ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/切り花
原産地 熱帯アメリカ
花言葉 情熱
解説 アンスリウムの仲間は、熱帯アメリカに約550種類が確認されている。まるで蝋細工かプラスティック製かと思われるような仏炎苞の中心から肉穂花序を出す。肉穂花序の上部には雄花が、下部には雌花が密に並んでいる。とにかくユニークな植物ある。アンスリウムの場合、花を観賞する種類と観葉植物として葉を鑑賞する種類とに分かれるが、前者が多く園芸界では出回っている。ネニウチワ、オオベニウチワ、シロシマウチワ、ヤツデウチワ、ナガバオオベニウチワ等の和名があるが、我が国の園芸界では、一般的にアンスリウムの名で流通している。
履歴 明治36年発行の書物に既に登場しているので、明治の中頃には我が国に渡来していたと推測される。本来、アンスリウムは熱帯アメリカが原産地であるが、ハワイでの生産が盛んとなり、特に日系園芸家による育種が盛んで、品種名にも日本語名がそのまま使われていることが多い。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考