←トップ頁へ

和名 アンクーサ・アズレア
撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様


撮影地:ポルトガル アレンテージョ地方
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名のAnchusaとはギリシャ語の「化粧品」や「紅」の意で、古代エジプト時代から頬紅や口紅に用いられてきたことによる。/種小名は「空青色の」の意。
学名 Anchusa azurea
英名 Italian Bugloss
Italian alkanet
Summer forget-me-not
仏名 Buglosse d'Italie
Buglosse azurée
独名 Große Ochsenzungen
伊名 Buglossa azzurra
西名 Ancusa
Chupamieles
Lengua de buey
Argámula
葡名 Buglossa
Buglossa-bastarda
Lingua-de-vaca
Orcaneta
Erva-do-figado
erva-sanue
漢名 牛舌草
植物分類 ムラサキ科ウシノシタグサ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/食用(若葉・若茎)
原産地 西アジア~ヨーロッパ
花言葉
解説 アンクーサ・アズレアは、ムラサキ科の多年草である。草丈は50~150㎝となる。全草が白い粗毛で覆われている。葉は長さ3~5.5㎝、幅0.5~1.5㎝程度の披針形で、茎に互生する。4~5月頃、茎上部で分枝をし、各枝先に円錐花序を出し、径2㎝程度で青色の筒状花をつける。花冠は5裂する。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考