←トップ頁へ

検索名 アンデスマツバボタン  
和名 ハイマツゲボタン
筑波実験植物園にて
漢字表記 這睫牡丹
別名・異名 アンデスマツバボタン/カランドリニア・ウンベラータ
古名
語源 和名については不詳。/属名はスイスの植物学者J.L.カランドリーニの名に因んでいる。/種小名は「散形花序の」の意。
学名 Calandrinia umbellata
英名 Calandriana/ Rock Purslane/ Redmaids/ Red Maids
仏名
独名 Calandrinie
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 スベリヒユ科カランドリニア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/ロックガーデン(乾燥地に限る)
原産地 チリ・アルゼンチン
花言葉 あなたと共に 撮影者:東京都 中村利治様
解説 ハイマツゲボタンはスベリヒユ科の多年草である。草丈5~10㎝。葉は線状披針形で、表面には白色の細毛が密生する。6~7月頃、茎頂に散形花序を出し、径2㎝程度の杯状で濃紫紅色の花をつける。日光を浴びると開き、夜間や曇天時には花を閉じる。特に乾燥を好む植物であるため、我が国の高温多湿季候の条件下では、路地植えは適さない。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考