←トップ頁へ

検索名  アニゴザントス・ルフス   
和名 レッド・カンガルーポー 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
漢字表記
別名・異名 アニゴザントス・ルフス
古名
語源 和名は、英名から。/英名は、花形から、「カンガルーの足」と名付けられた。/属名は、ギリシャ語のanises(=等しくない)とanthos(=花)の合成語で、花の大きさが不揃いであることから。/種小名は、「赤褐色の」の意。
学名 Anigozanthos rufus
英名 Red kangaroo paw              撮影地:オーストラリア・パース
:キングス・パーク
仏名 
独名
伊名
西名
葡名
漢名 紅袋鼠花
植物分類 ハエモドルム科アニゴザントス属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え/切り花
原産地 オーストラリア南西部
花言葉 不思議
解説 レッド・カンガルーポーは、ハエモドルム科の多年草である。葉姿は我が国のアヤメにも似た長さ30~50㎝程度の剣形で扇形に叢出する。葉色は幾分銀色を帯びた緑色である。10~1月頃、葉鞘から1m前後程度の花茎を伸ばし、その先に円錐花序を出し、長さ3~5㎝程度の筒状花をつける。掲載した写真に見られるように、花序の部位並びに、花筒部位が赤色のため、原産地ではRed Kangaroo Pawの名で親しまれている。花冠は5~6裂し内側は黄色~黄緑色となる。花茎、花筒共に白色の細毛が密生する。  
履歴  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考