←トップ頁へ

検索名 アミガサユリ(編笠百合)
和名 バイモ
漢字表記 貝母
別名・異名 アミガサユリ(編笠百合)
古名
語源 和名は、漢名の音読みから。/別名のアミガサユリは、花に網目模様が入り、形状が傘形であることから。/属名は、fritillis(=賽子を入れる筒)の意で、筒状の花形から。
学名 Fritillaria verticillata var. thunbergii
英名 Zhe bei mu         
仏名
独名 栃木県都賀町:花野江の郷にて
伊名
西名
葡名
漢名 浙貝母/貝母
植物分類 ユリ科バイモ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用
漢方・民間薬 球根:るいれき・乳汁不足・咳・頑癬
原産地 中国
花言葉 努力、母の優しさ、謙虚な心
解説 バイモは、ユリ科の球根植物である。中国原産であるが、我が国へは薬用植物として江戸時代に渡来している。草丈は30~70㎝程度。葉は広線形で、茎上部のものは輪生して先端が巻曲する。下部の葉は対生する。3~4月頃に淡綠白色で鐘状の花を見せる。花径は2~3㎝程度。
履歴 我が国へは享保3年(1718)に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』
季語
備考