←トップ頁へ

和名 アメリカシャガ
漢字表記 亜米利加著莪
別名・異名 ネオマリカ・ノルティアナ
古名
語源 和名は、アメリカシャガのアメリカは西洋社会からの渡来植物を意味する。実際の原産地はブラジル。シャガは花形が似ているから。実際のシャガはアヤメ属に属すがアメリカシャガは、アメリカシャガ属を構成する。/属名は、ギリシャ神話に登場する川のニンフMaricaの名に因んでいる。/種小名は、19世紀イギリスの博物学者であり、植物画家でもあったMarianne Northの名に因んでいる。
学名 Neomarica northiana 撮影地:とちぎ花センター
英名 Walking Iris/Apostle Plant
/Fan Iris/Twelve Apostle
/False Flag
 
仏名
独名
伊名
西名 Iris caminante
葡名 Lilio misionero
漢名 馬蝶花、新瑪麗雅、巴西鳶尾
植物分類 アヤメ科アメリカシャガ属
園芸分類 多年性草本
用途 温室栽培
原産地 ブラジル
花言葉
解説 アメリカシャガはアヤメ科の多年草である。名前はアメリカシャガとあるが、シャガとは別の属を構成している。1属1種。しかし、葉形も花姿もシャガに似ていなくもない。草丈は大きく育っても1m以下という程度。花はシャガに比べて大きく、花期も長い。英名にWalking Irisとあるように、ランナーが地下を匍匐し繁殖する。花には芳香があり、個人的にはチョコレートに似た香りと思っている。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考