←トップ頁へ

和名 アメリカフヨウ  
漢字表記 亜米利加芙蓉
別名・異名 クサフヨウ(草芙蓉)/ローズ・マロウ
古名
語源 和名は、アメリカ原産のフヨウの意。/属名ゼニアオイを意味するギリシャ名から。
学名 Hibiscus moscheutos
英名 Rose mallow/common rose mallow
仏名 ketmie des marais
独名 Roseneibisch
伊名 Hibiscus moscheutos
西名  Hibiscus acuático blanco 
葡名     拙庭にて
漢名 芙蓉葵/美國芙蓉  
植物分類 アオイ科フヨウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え
原産地 北アメリカ
花言葉 華やかな恋
解説 アメリカフヨウはアオイ科の宿根草である。フヨウに似ているが、フヨウは木本植物である、本種は草本植物である。草丈は1.5m前後。7~8月頃に径25~30㎝程度の大型の花を見せる。花は一日花である。花色は白に底紅、ピンク、濃紅、紫紅等と多彩である。
履歴 我が国への渡来時期不詳。/我が国では、この北米原産のアメリカフヨウを改良したF1(一代交配種)の品種で「サウザンベル」が開発され、国内外で人気を呼んでいる。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考