←トップ頁へ

和名 アメリカアゼナ 撮影者:千葉県 三浦久美子様 
漢字表記 亜米利加畦菜
別名・異名
古名
語源 和名は、アメリカ産のアゼナの意から。/属名は、ドイツの医学者で植物学者でもあったFranz Balthasar Linderへの献名。/種小名は「疑わしい、不確実の」の意。/亜種名は「より大きい」の意。
学名 Lindernia dubia subsp. major
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 美洲母草
植物分類 アゼトウガラシ科(←ゴマノハグサ科)アゼトウガラシ属
園芸分類 1年生草本 撮影地:千葉県四街道市
用途
原産地 北米
花言葉
解説 アメリカアゼナは、アゼトウガラシ科(←ゴマノハグサ科)の1年草である。本来北米原産の野草であるが、今日、我が国各地の水田や休耕田等の湿地に帰化状態ある。茎は直立し4稜を持ち、草丈は10~30㎝程度、無毛。葉は茎に対生し、下部の葉には短い葉柄があり、上部のものには葉柄は見られない。葉の形状は卵形~長楕円形で、ほぼ全縁と言えるほどであるが、2~3個の目立たない鋸歯を持つ。葉の先端は鈍頭に近い。6~10月頃、葉腋に淡紅色で、長さ4~10㎜程度の花を1個つける。花は唇形花で、上唇は浅く2裂する。下唇は3深裂する。我が国に自生するアゼナの場合には、葉縁に鋸歯が無い、つまり、全縁で、葉柄も見られない点で区別される。
履歴 我が国では、戦後、急速に各地から帰化状態にある事が報告されている。
県花・国花
古典1
古典2
成句
季語
備考