←トップ頁へ
和名jp アマミテンナンショウ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:奄美大島・奄美自然観察の森
漢字表記 奄美天南星
別名・異名
another name
古名old name
語源etymolgy 和名は、茎も葉も緑色が淡く幾分透き通った青味を帯びていることから。
属名は、ギリシャ語のaris(=植物名の1種)とhaima(=血)の合成語で、葉にある斑点に因んでいる。
種小名
は「色々な頭の」の意。
学名sn Arisaema heterocephalum
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 サトイモ科テンナンショウ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/鉢植え
原産地 奄美大島・徳之島
花言葉
解説 アマミテンナンショウはサトイモ科の多年草である。本種は奄美群島の山林下に自生が見られるテンナンショウの仲間である。草丈は20~500㎝程度となる。本種の場合、個体差が大きいと言うことである。葉は2個つき、小葉は楕円状で、鳥足状に13~21個つける。葉縁は全縁であるが緩やかに波を打つ。葉の表面には光沢がある。1~3月頃、雄株では花柄序と葉柄がほぼ同じ長さであり葉よりも上に花序がつく。雌株の場合、花柄序は短くなり葉よりも下につく。仏炎苞は葉の展開よりも後に開き、花序付属体は細棒状で、先端が球状に幾分膨らみを見せる。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧ⅠB類
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考