←トップ頁へ

和名jp アマミスミレ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:筑波実験植物園


漢字表記 奄美菫
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、奄美地方に見られるスミレの意から。
属名はスミレのラテン古名から。
種小名は「奄美の」の意。
学名sn Viola amamiana
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(鹿児島県:奄美大島〜沖縄県)
花言葉 小さな愛・誠実
解説
description
アマミスミレはスミレ科の多年草である。原産地の項に記した地の山地で沢沿いの湿った岩上等に自生する菫である。国内産のスミレとしては最も小さい菫として知られている。根茎は地中を横走し、良く分枝をする。草丈は1〜3p程度となる。葉は長さ5〜7o程度の楕円状卵形〜卵形で、縁部には数個の鈍鋸歯がある。葉には白色の細毛が散生する。4〜5月頃、径1p程度の唇形で白色の花をつける。唇弁には紅紫色の条紋が入る。花茎や萼片には白色の細毛がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考