←トップ頁へ

和名 アマミマツバボタン
漢字表記 奄美松葉牡丹
別名・異名
古名
語源 和名は、奄美大島に自生するマツバボタンの意から。/属名はラテン語のporta(=入り口)を語源とし、果実が熟すと蓋が開くから。/種小名は「沖縄の」の意。/変種名は「奄美大島の」の意。
学名 Portulaca okinawensis var. amamiensis
英名    撮影者:東京都 中村利治様 
仏名    撮影地:筑波実験植物園 
独名
伊名
西名
葡名
漢名 半支蓮
植物分類 スベリヒユ科スベリヒユ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 奄美群島:固有種
花言葉
解説 アマミマツバボタンは、スベリヒユ科の多年草である。これまでオキナワマツバボタンと同種として分類されてきたが、最近新たにその変種として分類されるようになった奄美大島固有種である。概して海岸近くの草地に自生するという。太い茎を持ち、根茎の基部から多数分枝をし、草丈は5~10㎝程度。葉は短い葉柄を持った多肉質の狭楕円形で長さは3~5㎜程度。母種のオキナワマツバボタンの場合には葉や茎が赤茶色をしていて、花色もオレンジ色が強いに対して、本種は葉も茎も緑色で花色は黄色であり、花も母種よりも大きめになるという。花は枝先に1個つき、半径は1㎝前後程度で、黄色い5弁花である。果実はほぼ球形。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧ⅠA類(CR)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考