←トップ頁へ

和名 アキタブキ  
漢字表記 秋田蕗
別名・異名 トウブキ
古名 フブキ(布々岐)
語源 和名のフキは、古名で「布々岐(フブキ)」と言ったが、それは茎の中に孔があって、折ると糸があるという意味。そのフブキがなまってフキとなったと言われている。/属名は、ギリシャ語のpetasos(=つば広の帽子)の意。/種小名は「日本の」の意。/亜種名は「巨大な」の意。
学名 Petasites japonicus subsup. giganteus
英名 Giant Japanese Butterbur, Sweet Coltsfoot,
仏名
独名
伊名       
西名    撮影者:東京都 中村利治様↑ 撮影地:筑波実験植物園
葡名  
漢名 蜂斗菜
植物分類 キク科フキ属
園芸分類 耐寒性宿根草
用途 食用
原産地 東アジア北部
花言葉  包容力 
解説 アキタブキはフキの変種であり、関東以北に自生するが、関東地方のような暖地では大きくならずフキと区別がつかない。高緯度地方での自生は大型の特性を示す。アキタブキは葉柄が人間の背丈よりも大きくなる。食用に供する。
履歴 洪積世の頃には、日本を含む東アジア一帯には葉の径2mにも及ぶフキが繁茂しており、その名残がアキタブキと考えられている。 ↑秋田県・角館市にて↓撮影:GKZ 
県花・国花 秋田県の県花
古典 『延喜式』に記載。『万葉集』には詠まれていない。フキの名が初めて登場するのは『新撰字鑑』(901年頃)である。 貝原益軒の『菜譜』(1704)には栽培法が記載。
季語
備考 蜂斗菜はフキの漢名
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
8 281 「貯金箱」