←トップ頁へ

和名jp アカショウマ
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:向島百花園
漢字表記 赤升麻
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、地下茎の根皮の色が赤黄色~赤色であるため。
属名のAstilbeとはギリシャ語のa(=無)とstilbe(=光沢)の合成語で「光沢がない」という意味。原種とされたインド産の葉には光沢がなかったことからという。
種小名は、スウェーデンの植物学者で我が国の植物を研究したC.P.ツンベルクへの献名。
学名sn Astillbe thunbergii
英名en False spirea
Thunberg's astilbe
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ユキノシタ科チダケサシ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(東北地方南部以西・四国)
花言葉 恋の訪れ
解説
description
アカショウマは、ユキノシタ科の多年草である。地下に太い根茎を持ち、根皮の色が赤味を帯びていることが名前の由来となっている。草丈は1m前後程度に。葉は根出し、3回3出複葉で、小葉の縁には重鋸歯がある。5~6月頃、長い花茎を伸ばし、上方に10~20㎝程度の複総状花序をつけ、白色の小花を多数つける。花径は5~6㎜程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考