←トップ頁へ
和名jp アカネスミレ
撮影者:千葉県 三浦久美子様  
撮影地:高尾山もみじ台↑ 
漢字表記 茜菫
別名・異名
another name
古名 old name 撮影地:千葉市緑化植物園
語源
etymoplogy
和名は、スミレに比して葉に厚味があることから。
属名は、スミレのラテン古名violaから。
種小名は「果に毛の無い」の意。
学名sn Viola phalacrocarpa
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 茜菫菜
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国/シベリア地方
花言葉
解説
description
アカネスミレは、スミレ科の多年草である。原産地の項に記した地で、概して日当たりの良い場所に自生する野草である。草丈は5~10㎝程度となる。葉はほぼ三角形とも言える卵形で、根出する。開花時の葉は長さ2~4㎝程度であるが、夏葉になると8㎝程度となる。4~5月頃、径1.5㎝程度で紅紫色の花をつける。花には全体的に毛がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考