←トップ頁へ

検索名  アジマメ(味豆)  
和名 フジマメ  撮影者:東京都 中村利治様↑ 
漢字表記 藤豆
別名・異名 センゴクマメ(千石豆)/アジマメ(味豆)/トゥア・ベープ(タイ語名)/インゲンマメ(隠元豆)※備考欄参照
古名 アヂマメ(阿地万女・阿知末女)
語源 和名は、花姿がフジが上向きに開花したような花姿を見せることからという。/属名は、ヒルガオのアラビア名で「巻き付く」の意。/種小名は「紫色の」の意。
学名 Lablab purpureus(=Dolicos lablab)
英名 Hyacinth bean,Lablab bean,
Field bean,Pig-ears,Rongai dolichos,
Poor man's bean,Tonga bean
仏名  Dolique d'Egypte  撮影地:東京都薬用植物園 
独名 Helmbohne  撮影者:東京都 山口米子様↓ 
伊名 lablab  
西名 Mongeta egipcia
葡名 orelha de padre
漢名 鵲豆,藊豆、肉豆 ,蛾眉豆
泰名 ถั่วแล็บแล็บ
植物分類 マメ科フジマメ属
園芸分類 蔓性1年生草本
用途 鉢植え/路地植え/食用/薬用
原産地 アフリカ
花言葉 愛の訪れ、豊かさ
解説 フジマメはマメ科の1年草である。茎は蔓状で、他物に絡んで伸びる。葉は、長い葉柄を持つ広卵形の3出複葉で茎(蔓)に互生する。7~8月頃、葉腋から長い花柄を出し、紫或いは紅紫色の蝶形花を密生する。花後に出来る豆果は長さ6~7㎝程度の扁平な楕円形。種子は肉質である。
履歴 本種の原産地は、アフリカ説、インド説があるが、現在はアフリカ説が有力とされている。/インドでは、既に3千年前には栽培されていたという。/我が国へは、中国を経て10世紀以前に伝わり、主として関西以西で多く栽培されてきた。
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『本草綱目啓蒙』、
季語
備考 本種は隠元膳師が中国からもたらしたとされ、関西地方ではインゲンマメと呼ばれているが、本来のインゲンマメは別種である。