←トップ頁へ

検索名 アフリカン・リリー
和名 ムラサキクンシラン  
漢字表記 紫君子蘭
別名・異名 アガパンサス・アフリカヌス/アフリカン・リリー
古名
語源 和名は、花色が青紫色で、花姿は、クンシランにも似ていることから。/属名に見られるAgapanthusとは、ギリシャ語の「愛」と「花」の合成語であり、「愛の花」という意味になる。/種小名は「アフリカの」の意。
学名 Agapanthus africanus
英名 African lily
仏名 agapanthe d'afrique
独名 Schmucklilie überwintern
伊名 agapanto
西名 lilio africano,agapanto africano
葡名 agapanto,agapantus
漢名 百子蓮
植物分類 ムラサキクンシラン科アガパンサス属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え 拙庭にて
原産地 南アフリカ
花言葉 恋の訪れ
解説 ムラサキクンシランはムラサキクンシラン科(←ネギ科、←ユリ科)の多年草である。一般的にムラサキクンシランの名で栽培されているのは、別名にも記したアガパンサス・アフリカヌスであることが多い。塊茎状の根茎と多肉質の太い根を有し、葉はすべて肉厚の根出葉で、長さは30~40㎝程度。葉の腋から長さ50㎝前後の花茎を直立させ、頂きに花房をつける。花色は一般的にブルー系であるが、白花種もある。また、花は一般的には横向きであるが、下向きの種類もある。葉姿は、ナツズイセンにも似ている。
履歴 我が国へは明治中期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考