←トップ頁へ

和名 アフリカアヤメ
漢字表記 阿弗利加菖蒲
別名・異名

ディエテス・イリディオイデス

古名     
語源 和名は、アフリカ産のアヤメ科の植物であることから。/属名の「二つの親族を持つ」の意。/種小名は「アヤメ属に似た」の意。
学名 Dietes iridioides
英名 Wild iris, Fortnight lily, Cape iris
仏名 Iris sud-african sauvage
独名 Afrikanische Wildiris
伊名
西名
葡名
漢名 非洲鳶尾
植物分類 アヤメ科ディエテス属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 アフリカ東部 撮影者:東京都 中村利治様
花言葉 撮影地:東大附属小石川植物園
解説 アフリカアヤメはアヤメ科の多年草である。草丈は60p程度に。葉は剣型で束生する。5〜6月頃、長い花茎を伸ばし、茎頂に乳白色の花をつける。外花被片には黄色く太い模様が入る。黄色の模様の入らない花被片は基部に紫褐色の斑点が入る。内花被片は淡青色で、中央部に濃青色の太い模様が入る。この花茎には、翌春以降も毎年花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考