←トップ頁へ

検索名  アガヴェ・ウンドゥラータ   
和名jp マンフレダ・ウンドゥラータ  
 撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:筑波実験植物園
 
漢字表記
別名・異名
other name
アガヴェ・ウンドゥラータ
古名old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名は、14世紀イタリア人植物学者Manfredus de Monte Imperialへの献名。
種小名は「波状の、波形の」の意。葉縁の様子を示している。
学名sn Manfreda undulata
(=Agave undulata)
英名en Spotted manfreda,
False agave,
Deciduous agave
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キジカクシ科(←リュウゼツラン科)リュウゼツラン属
園芸分類 多年生草本(常緑多肉植物)
用途use 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地
distribution
アメリカ
花言葉
解説description マンフレダ・ウンドゥラータはキジカクシ科(←リュウゼツラン科)の多年草である。草丈は1m程度に。根出葉は長さ30~40㎝程度の線形に近い狭剣形で、株元に多数出てロゼット状となる。葉の縁部は鋸歯状に波を打ち、先端部は尖り、基部は鞘状となり茎を抱く。茎葉は、狭剣状であるが、上方へ進むにつれ短くなり、茎に互生する。茎葉には縁部の波は無くなり、平滑となる。葉には、掲載した写真に見られるように紫褐色の斑点模様が不規則に入る。花期には1.5mにも及ぶ花茎を立ち上げ、その先に総状花序を出し、淡緑色の筒状花をつける。花冠は6裂する。花そのものは、鑑賞に堪える程ではないが、花冠から長く突き出る紫褐色の雄蘂が印象的な風情を見せる。