←トップ頁へ

和名 アガパンサス・オリエンタリス
漢字表記
別名・異名 アガパンサス・プラエコクス・オリエンタリス
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名に見られるAgapanthusとは、ギリシャ語の「愛」と「花」の合成語であり、「愛の花」という意味になる。/種小名は「早咲きの」の意。/亜種名は「当方の、東部の(特に中近東の」の意。
学名 Agapanthus praecox subsp. orientalis    
英名 Lily of the Nile
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ムラサキクンシラン科ムラサキクンシラン属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ 栃木県佐野市にて
花言葉 恋の訪れ
解説 アガパンサス・オリエンタリスは、ムラサキクンシラン科(←ネギ科、←ユリ科)の多年草である。本種の場合、これまでムラサキクンシランの名で流通され、栽培もされてきたこともあるが、ムラサキクンシランはアガパンサス・アフリカヌスであるとされ、その後、紆余曲折を経て、本種は学名の項に記したアガパンサス・プラエコクス・オリエンタリスではないかとされている。アガパンサス・アフリカヌス(ムラサキクンシラン)に比して、本種の場合、草丈が高く1m前後となる。また、花数もアフリカヌス種よりも多いのが特徴とされる。学名の種小名に「早咲きの」とあるが、早咲き種と遅咲き種とがあり、アフリカヌス種よりも開花期が長い。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考