←トップ頁へ

検索名  アガパンサス・アフリカヌスアルブス 
和名 シロバナアガパンサス
漢字表記 白花アガオアンサス
別名・異名 アガパンサス・アフリカヌス・アルブス
古名 agap
語源 和名は、花色から。/属名に見られるAgapanthusとは、ギリシャ語のagape(=愛)とanthos(=花)の合成語であり、「愛の花」という意味になる。/種小名は「アフリカの」の意。/品種名は「白色の」の意。
学名  Agapanthus africanus 'Albus'    撮影者:東京都 中村利治様
英名 White lily of the Nile 撮影地:新宿御苑
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ムラサキクンシラン科アガパンサス属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 恋の訪れ
解説 シロバナアガパンサスはムラサキクンシラン科(←ネギ科、←ユリ科)の多年草である。塊茎状の根茎と多肉質の太い根を有し、葉はすべて肉厚の根出葉で、長さは30~40㎝程度。5~6月頃、葉の腋から長さ50㎝前後の花茎を直立させ、頂きに散形花序をつけ、白花の筒状花を付ける。花冠は概して5裂する。アガパンサスの花色は一般的にブルー系であるが、本種は白花種である。また、花は一般的には横向きに開花する。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考