←トップ頁へ
検索名  イズイ(萎蕤)   
和名jp アマドコロ  撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:東京都薬用植物園   
漢字表記 甘野老
別名・異名
another name
イズイ(萎蕤)
古名old name ヱミクサ(笑草・恵美久佐)
語源
etymology
和名は、トコロ(野老)に似て地下茎が甘いことから。
属名は、ギリシャ語のpolys(=多い)とgonu(=膝・節)の合成語で、根茎に多くの節があることから。
種小名は「芳香のある」の意。
変種名は「多花性の」の意。
学名sn Polygonatum odoratum var. pluriflorum
英名en Solomon's seal
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt 萎蕤
漢名ch 玉竹
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)ナルコユリ属(←アマドコロ属)
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え/薬用(地下茎)/食用(葉・根)/切り花
漢方・民間薬 根茎:打撲・腰痛・四肢痛・湿疹・疲労衰弱・寝汗・脳出血  
原産地
distribution
日本/中国/朝鮮半島  
花言葉 元気を出して・心の痛みの分かる人  
解説
description
アマドコロは、キジカクシ科(←ユリ科)の宿根草である。草丈30~40㎝、茎の上方には稜角がある。4~5月に各葉腋に1,2個の「白色の筒状花を見せる。花弁の先端は緑色。葉に斑の入ったものは「斑入り鳴子」として珍重されている。  
履歴  
県花・国花  
古典1 『出雲風土記』  
古典2 『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』  
季語  
備考1 アマドコロとナルコユリとはとてもよく類似しているが、茎の上方が角張っていれば、つまり、稜があれば、アマドコロであり、丸ければナルコユリである。