←トップ頁へ

検索名 イワゼキショウ(岩石菖)   
和名jp ハナゼキショウ
 撮影者:東京都 中村利治様 

撮影地:筑波実験植物園 
漢字表記 花石菖
別名・異名
another name
イワゼキショウ(岩石菖)
古名old name
語源
etymology
和名は、見応えのある花をつけ、葉姿がセキショウに似ていることから。
属名は、イギリスの植物学者Thomas Tofieldの名に因んでいる。
種小名は「裸の」の意。
学名sn Tofieldia nuda
英名en
仏名fr
独名de  
伊名it  
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 チシマゼキショウ科(←ユリ科)チシマゼキショウ属
園芸分類 多年生草本
用途use
原産地
distribution
日本特産種(関東地方以西)
花言葉
解説
description
ハナゼキショウはチシマゼキショウ科属(←ユリ科)の多年草である。概して関東地方以西山地の湿り気の多い岩場に自生する小形の野草である。葉は剣状で茎に互生する。7~8月頃、総状花序を出し、白色の小花を多数つける。花被片は長さ3~4㎜で、6個。花には長さ5~10㎜程度の花柄がつく。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考