←トップ頁へ

和名 イワウチワ
漢字表記 岩団扇
別名・異名
古名
語源 和名は、岩場に多く自生し、葉の形が団扇状であることから。/属名に見られるShortiaとはアメリカの植物学者C.W.ショートの名に因んでいる。/種小名は「単花の」の意。
学名 Shortia uniflora Maxim.
英名
Nippon Bells
仏名
独名 撮影地:新潟県権現堂山↑
伊名 撮影者:新潟県 塩野計司 様
西名 撮影地:新潟県菅名岳
葡名
漢名 岩扇
植物分類 イワウメ科イワウチワ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/ロックガーデン
原産地 本州(中部以北)
花言葉 春の使者
解説 イワウチワはイワウメ科の常緑多年草である。根出葉は名前の通り楕円形で、厚く上面は艶がある。長さ3~6㎝、幅5㎝前後.花茎は5~15㎝で直立する。下向きに淡紅色のうつむいた花を見せる。開花期は4~5月。
履歴  
県花・国花 富山県:宇奈月町花
古典1
古典2
季語
備考