←トップ頁へ

和名 イワツメクサ
漢字表記 岩爪草
別名・異名
古名
語源 和名は、岩間に自生するツメクサの意。因みに、ツメクサとは、葉の形状が鳥の爪に似ていることから。/属名はラテン語のstella(=星)を語源としている。花の形状から。/種小名は「本州の」の意。
学名 Stellaria nipponica
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ナデシコ科ハコベ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(ロックガーデン)
原産地 日本(本州中部地方)
花言葉 初恋、奥ゆかしい 富山県:立山・室堂平にて
解説 イワツメクサは、ナデシコ科の多年草である。概して高山帯の岩地に自生の見られる野草である。草丈は5~20㎝程度。葉は線形で、長さ2~3㎝、幅1~2㎜、茎に対生する。葉縁の下部には軟毛がある。7~8月頃、茎頂に集散花序を作る。花数は1~8個程度、径1.5㎝程度で、白色の花を開く。花弁は5個だが深裂するので10弁花のようにも見える。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考