←トップ頁へ

和名 イワシャジン  栃木市:花之江の郷にて
漢字表記 岩沙参
別名・異名 イワツリガネソウ
古名
語源 和名は、岸壁に生えていて、花がツリガネニンジンに似ていることから。因みに、沙参(シャジン)とは、ツリガネニンジンの漢方薬名である。/属名は、adenos(=腺)とphoreo(=持つ)の合成語で、乳液を出す腺細胞があることから。/種小名は、高山植物の研究家であった武田久吉氏の名に因んでいる。
学名 Adenophora takedae Makino
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キキョウ科ツリガネニンジン属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/ロックガーデン
原産地 日本特産種(神奈川県西部から愛知県東部)
花言葉 感謝、誠実
解説 イワシャジンの属しているツリガネニンジン属はユーラシア大陸特産の属であり、その中でもイワシャジンは日本特産種である。比較的低山の岸壁に垂れ下がる。草丈30~40㎝。茎葉は互生し、線形。花形は鐘状で、花色は青紫色。花冠は2㎝前後。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考