←トップ頁へ

和名 イワオウギ
漢字表記 黄耆
別名・異名 タテヤマオウギ(立山黄耆)
古名
語源 和名は、漢方薬名からで、本種は、岩場に生えており、中国産のオウギ(和名:タイツリオウギ 学名:Astragalus membranaceus)の代用として用いられたことから。/属名はある植物に対するギリシャ古名hedysaronをリンネが転用したものと言われている。/種小名は、「スズメノエンドウ属に似た」の意。
撮影者:東京都 山口米子様
学名 Hedysarum vicioides
英名
仏名
独名 撮影地:北海道大学付属植物圓
伊名
西名
葡名
漢名 拟蚕豆岩黄耆
植物分類 マメ科イワオウギ属
園芸分類 多年生草本
用途 薬用
原産地 日本(7本州:中部以北~北海道)/朝鮮半島/中国/東シベリア
花言葉
解説 イワオウギはマメ科の多年草である。非常に強靱で太い根を持ち、茎葉叢生する。草丈は25~80㎝程度。茎には軟細毛が見られる。葉は長さ8~15㎝程度の奇数羽状複葉で、茎に互生する。小葉は長さ15~30㎜、幅5~10㎜程度の線状長楕円形で6~11対つく。葉の縁部並びに下面には白色の軟細毛が見られる。7~8月頃、葉腋から総状花序を穂状に伸ばし、多数の蝶形花をつける。花は長さ18㎜程度の淡黄色である。花後の豆果は平たく、2~3個の種子を内包する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考