←トップ頁へ

和名 イワオトギリ
漢字表記 岩弟切
別名・異名
古名
語源 和名は、高山の岩場に多く自生するオトギリソウの意。属名は、ギリシャ語のhype(=上に)とeikon(=絵)の合成語で、本種を絵画の下に吊して悪魔を追い払った民間伝承から
種小名は「カムチャッカの」の意。
変種名は「日本本州産の」の意。
学名 Hypericum kamtschaticum var. hondoense
英名 富山県:黒部平にて
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 オトギリソウ科オトギリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/茶花/生け花/薬用
原産地 本州(中部以北~北海道)/カムチャッカ
花言葉
解説 イワオトギリは、オトギリソウ科の多年草である。オトギリソウの高山型変種である。草丈は12~30㎝程度。茎は叢生し、直立し、上部で分枝する。全草無毛。葉は葉柄を持たず、茎に対生する。葉形は楕円形または卵状楕円形で、長さ2~5㎝、幅1~3㎝程度で、先端は鈍頭。葉に鋸歯はなく、黒点が散在する。8~9月頃、茎上部の葉腋から長い花柄の先に径1.5㎝前後の鮮黄色の5弁花を開く。花弁は日光を浴びると平開する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考