←トップ頁へ

和名 イワミツバ
漢字表記 岩三葉
別名・異名
古名
語源 和名は、岩場に生えて、葉姿がミツバに似ていることから。/属名は、ギリシャ語のaigos(=山羊)とpodius(=足)の合成語からで、葉姿を示している。/種小名は「痛風に効果のある」の意。
学名 Aegopodium podagraria
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:北海道大学植物園
英名 Round elder
Herb gerand
Bishop's weed
Goutweed
Gout wort
Snow-in-the-mountain
Englishu masuterwort
Wild masterwort
仏名 Egopode podagraire
Herbe aux goutteux
Pie de cabra
独名 Gewöhnlicher Giersch
Geissfuss
伊名 Girardina
西名 Hiertba de gotosos
Angelica menor
Hierba de sanAndrés
葡名  Pequena-angélica
Angélicaa menor
egopodio
漢名
植物分類 セリ科エゾボウフウ属
園芸分類 多年生草本
用途 食用・薬用
原産地 ユーラシア大陸
花言葉
解説 イワミツバはセリ科の多年草である。草丈は40~80㎝程度となる。茎は匍匐横走し、マット状に広がりを見せる。葉は3出複葉で、小葉は長楕円形で、縁部には鋸歯があり、先端部は尖りを見せる。6~8月頃、茎頂に散形花序を出し、径2㎜程度で白色の小花を多数つける。我が国の園芸界では、今日、斑入り葉種がグランドカヴァー用のカラーリーフとして流通を見ている。
履歴 本種は、ユーラシア大陸原産の野草であるが、古くイギリスやアイルランドに食用・薬用として持ち込まれ、その後定着している。
現在では、北米・オーストラリア・ニュージーランドでも帰化状態にある。
我が国でも、戦前に持ち込まれた本種は当初小石川植物園付近より逸失し、東京・神奈川で帰化状態と化し、その後1970年代には北海道でも帰化状態にあることが確認されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考