←トップ頁へ

和名 イワカラクサ
漢字表記 岩唐草
別名・異名 エリヌス・アルピヌス
古名
語源 和名は、岩場に自生し、唐草模様を連想させることからの命名とか。/属名の語源については不詳。/種小名は「高山性の」の意。
学名 Erinus alpinus
英名 Alpine balsam,Fairy Foxglove, Starflower
仏名 L'érine des Alpes
独名 Alpenbalsam
伊名 Erino alpino
西名
葡名 撮影地:東京都薬用植物園
漢名
植物分類 オオバコ科(←ゴマノハグサ科)イワカラクサ属
園芸分類 多年生草本
用途 ロックガーデン/鉢植え 撮影者:東京都 中村利治様
原産地 アルプス~ピレネー山脈
花言葉
解説 イワカラクサは、オオバコ科(←ゴマノハグサ科)の多年草である。草丈は、5~10㎝程度。茎・葉には白色の短細毛を持つ。下部の葉は倒卵状披針形で有柄、茎葉は柄を持たない。葉の縁には粗い鋸歯がある。3~5月頃、茎頂並びに葉腋から花柄を出し、基部が筒状で花冠が5裂した小花をつける。それぞれの花弁の中心は花先から基部にかけて下方にむけて線状に凹みを見せる。また、花弁の先端部は基部に向けて凹みを見せ、浅く2裂したようにも見える場合が多いが、先端が丸味を持つ場合もある。花色は、白、紅色、紫紅色等と多彩。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1 写真(下)撮影者
古典2 東京都 中村利治様
季語 東京都薬用植物園にて
備考