←トップ頁へ

和名 イワインチン
撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:筑波実験植物園 
漢字表記 岩茵蔯
別名・異名 インチンヨモギ
古名
語源 和名は、岩場に自生の見られるインチン(茵蔯=カワラヨモギの漢名)の意から。/属名は、ギリシャ語のchrysos(=黄金)とanthmon(=花)の合成語。/種小名は「岩上に生ずる」の意。
学名 Chrysanthemum rupestre
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科キク属
園芸分類 多年生草本
用途 ロックガーデン/鉢植え
原産地 日本(中部地方以北)
花言葉
解説 イワインチンはキク科の多年草である。我が国の日当たり良い高山地帯の岩石や礫混じりの草原に自生の見られる野草である。草丈は10~30㎝程度ととても短い。葉は密に互生し、羽状に深く切れ込む。葉裏には銀白色の毛が密生する。8~9月頃、茎頂に径3~4㎜程度の黄色い小花を散房状に見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考