←トップ頁へ

和名 イワギク  
漢字表記 岩菊
別名・異名
古名
語源 和名は、山中の岩場にみられることから。/属名は、ギリシャ古語で、chrysos(=黄金色)とanthemon(=花)の合成語で、花の色から。/種小名は、ハンガリーの採集家ザワズスキーの名に因んでいる。
学名 Chrysanthemum zawadskii ↑撮影者:東京都 中村利治様↓
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 紫花野菊
植物分類 キク科キク属
園芸分類 多年生草本
用途 庭植え/鉢植え
原産地 日本、朝鮮半島/中国/シベリア
花言葉 感謝、大切に思う
解説 イワギクはキク科の多年草である。概して山中の岩場に見られる野草である。草丈は20~30㎝程度。茎葉細く、細毛を持つ。葉は長さ1~3.5㎝の広卵形で2回羽状に細裂する。葉の表面には光沢があり、裏面は銀白色を帯びる。7~10月頃、径3~6㎝程度で白色の頭花をつける。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
県花・国花
古典1 筑波実験植物園にて
古典2
季語
備考