←トップ頁へ

和名 イワブクロ
漢字表記 岩袋
別名・異名 タルマイソウ(樽前草)
古名
語源 和名は、岩場に生えていて、花の形状が袋形であることから。/属名は、ギリシャ語のpente(=五つ)とstemon(=雄蕊)の合成語で、4本の仮雄蕊を持つが、仮雄蕊が目立ち、5本あるように見えることから。/種小名は「灌木状の」の意。
学名 Penstemon frutescens 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
  
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 オオバコ科(←ゴマノハグサ科)イワブクロ属
園芸分類 多年生草本
用途 庭植え/ロックガーデン/鉢植え
原産地 日本(東北地方以北)/千島/サハリン/東シベリア/カムチャッカ/アリューシャン列島
花言葉 失った愛情
解説 イワブクロは、オオバコ科(←ゴマノハグサ科)の多年草である。概して寒冷地の砂礫地に自生の見られる野草である。草丈は10~20㎝程度。茎には2列に毛が生えている。葉は長楕円形で、先端は尖り、対生する。葉には葉柄は無く、厚味があり、縁には鋸歯が見られると共に毛が生えている。7~8月頃、茎頂に総状花序を出し、数個の花がまとまってつく。花冠は長さ2.5㎝程度で淡紅紫色、先は浅く5裂する。花冠の外側には長い繊毛がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考