←トップ頁へ

和名 イワベンケイ
撮影者:神奈川県 吉井和実様↑
 撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:礼文島・礼文林道↑
↑撮影者:神奈川県 吉井和実様↓
漢字表記 岩弁慶
別名・異名 イワキリンソウ(岩麒麟草)/ロディオラ・ロゼア/ローズ・ルート
古名 撮影地:礼文島→
語源 和名は、岩場に映えるベンケイソウの意から。/属名はラテン語のrhodon(=バラ)とiola(=小さい)の合成語で、根茎を乾燥するとバラのような香りがすることからという。/種小名は「バラ色の」の意。
学名  Rhodiola rosea(=Sedum var.tachiroe) 
英名 Golden root,Rose root,Western roseroot,Aeron's rod,Arctic root,King's crown
仏名 Rhodiole,Racine rodorée,Orpin rose,Rhodiore rougeâtre
独名  Rosenwurz 
伊名 hodiola
西名 Raíz del Ártico,Raíz de oro
葡名 Raiz de ouro
漢名 紅景天
植物分類 ベンケイソウ科イワベンケイ属
園芸分類 多年生草本
用途 ロックガーデン/鉢栽培/ハーブ/薬用
原産地 日本(本州:中部以北/北海道・千島列島)/中国・サハリン・~ヨーロッパ
花言葉
解説 イワベンケイはベンケイソウ科の多年草である。雌雄異株。多肉質な茎が根から束生し、草丈は10~30㎝程度に。茎も・葉も白色を帯びている。葉は多肉質で厚味があり、長さは2~3㎝程度の倒卵状楕円形で、茎に重なり合うように多数密着して互生する。葉の先端部は鈍頭~尖り、上半部には鋸歯がある。6~8月頃、雄株は茎の先に淡黄色で4~5弁の小花を密生させる。雌花は無花弁の緑色で受精後に子房が赤くなる。
履歴
県花・国花
古典1 撮影地:礼文島
古典2
季語
備考