←トップ頁へ

和名jp イワアカバナ
奥日光:小田代が原にて
漢字表記 岩赤花
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、岩場に自生の見られるアカバナの意。
属名は、ion(=スミレ)とepi(=上)lobon(=鞘)の3語の合成語であり、この属の植物は紅紫色の花が茎頂につく様子から。
種小名は「頭状の柱頭」の意。
学名sn Epilobium cephalostigma
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 光滑柳葉菜
植物分類 アカバナ科アカバナ属
園芸分類 多年生草本
用途use
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国/サハリン
花言葉
解説
description
イワアカバナはアカバナ科の多年草である。概して山地の湿地に自生が見られる。草丈は20~60㎝程度。葉は対生し、長楕円状披針形、長さは1.5~9㎝程度、葉幅5~30㎜程度。葉の縁には鋭い鋸歯がある。7~8月頃に4弁の淡紅色または白色の花を見せる。花弁の先は浅く切れ込みが入る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考