←トップ頁へ

和名jp イトシャジン  
漢字表記 糸沙参  
別名・異名
othher name
 
古名old name  
語源
etymology
和名は、花茎が細長くしなやかなことから。
属名はラテン語のcampana(=鐘)に由来し、花形から。
種小名は「円形葉の」の意だが、この植物の下部の葉が心臓状卵円形のため。 
学名sn Campanula rotundifolia              撮影者:東京都 中村利治様
英名en hare bell
blue bell
Bluebells of Scotland
仏名fr campanule á feuilles rondes
独名de Rundblättrige Glockenblume
伊名it Campanula soldanella
西名es Campaneta de fulla rodona
葡名pt 撮影地:東京都 綾瀬公園
漢名ch 圓葉風鈴草
植物分類 キキョウ科ホタルブクロ属
園芸分類 多年生草本
用途use 庭植え(ロックガーデン)/鉢植え
原産地
distribution
ヨーロッパ、シベリア、北米北部
花言葉 従順、服従
解説
description
イトシャジンは、キキョウ科の宿根草である。草丈は15~45㎝程度。茎は細く、下部の葉は心臓状卵円形で有柄、上部の葉は線状披針形で柄葉見られない。属名のカンパニュラはラテン語で「小さい鐘」を意味する。我が国では、この仲間には、ホタルブクロチシマギキョウ等が属している。花色は英名の通り青。冷涼地を好む。花期は夏から秋。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考