←トップ頁へ

和名jp イトラッキョウ  
漢字表記 糸辣韮  
別名・異名
other name
ハナラッキョウ(花辣韮)  
古名old name  
語源
etymology
和名は、葉が細く糸状である事から。
属名は、「匂い」を意味するalereまたはhaliumから出たラテン古名。
種小名はラテン語のvirga(=細い棒)とculus(=尻、臀部)の合成語と推測される。 
学名sn Allium virgunculae
撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:日比谷公園山草展
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ネギ科(←ユリ科)ネギ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え
原産地
distribution
日本:長崎県平戸島:固有種
花言葉
解説
description
イトラッキョウはネギ科(←ユリ科)の多年草である。平戸出島の山地で日当たりの良い岩場に自生が見られるという。我が国の園芸界では「ハナラッキョウ(花辣韮)」の名で流通している。草丈は10〜20p程度。根際から径1o程度の円筒形の葉を出す。10〜11月頃、茎頂に散形花序を出し、数輪の小花をつける。花片は6個で、花色は淡紅紫色。雄蘂は花被片より長く突き出す。  
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考