←トップ頁へ

和名 イトハユリ
漢字表記 糸葉百合
別名・異名 リリウム・テヌイフォリウム/リリウム・プミルム/シャンデリア・リリー
古名
語源 和名は、葉は姿からの命名。/属名はラテン語の「白色」を意味する古名から。/種小名は「低い、矮形の」の意。
学名 Lilium pumilum(=Lilium tenuifolium)
英名 Coral lily,Turk's cap Siberian lily
仏名
独名
伊名     撮影者:奈良県 中野様
西名  撮影地:大阪府 咲くやこの花館 
葡名
漢名 山丹
植物分類 ユリ科ユリ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花/食用(鱗茎)/薬用(鱗茎)
原産地 朝鮮半島、中国、モンゴル、シベリア地方
花言葉
解説 イトハユリはユリ科の多年草である。草丈は15〜40p程度。葉は線形で長さは10p程度。葉は茎に対して螺旋状に密着して互生する。5〜7月頃、茎上部に総状花序をつけ、形7p前後程度の花を多数つける。花は、長い花柄の先に下向きに開花する。花色は、花弁・雄蘂・雌蘂の全てがスカーレット色となる。花弁は、外方に反転する。
履歴 我が国へは明治期に導入されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考