←トップ頁へ

検索名  イトバシャクヤク(糸葉芍薬)   
和名 ホソバシャクヤク  撮影者:東京都 山口米子様
漢字表記 細葉芍薬
別名・異名 イトバシャクヤク(糸葉芍薬)
古名
語源 和名は、葉姿からの命名。/属名は、ギリシャ神話の医神paeonに由来している。/種小名は「繊細な葉の」の意。
学名 Paeonia tenuifolia
英名 Fernleaf peony
仏名 Pivoine à fines feuilles
独名 Netzblatt-Pfingstrose
伊名 Paeonia tenuifolia
西名
葡名 撮影地:東京都薬用植物園
漢名 細葉芍薬
植物分類 ボタン科ボタン属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 コーカサス地方~ヨーロッパ南東部
花言葉 恥じらい
解説 ホソバシャクヤクはボタン科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地の比較的日当たりの良い草原に自生の見られる野草である。草丈は30~50㎝程度となる。葉は、長い葉柄の先につき、掌状に細裂する。葉は、茎に互生する。4~5月頃、茎頂に径5~8㎝程度で赤色の花をつける。
履歴
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考