←トップ頁へ

和名 イトバハルシャギク  
漢字表記 糸葉波斯菊  
別名・異名 シュッコンコスモス(宿根コスモス)  
古名  
語源 和名は糸状に切れ込んだ葉を持つハルシャギクの意で、「ハルシャ(波斯)」とは本来ペルシャの意であるが、この場合は、在来種では無く、外来の植物である事を意味している。/属名は、coris(=ナンキンムシ)とopsis(=似た)の合成語で、痩果の形状から。/種小名は「輪生の」の意。
学名 Coreopsis verticillata
英名 Thread-leaf coreopsis
仏名 Coréopsis verticullé
独名 mädchenaugen
伊名
西名
葡名
漢名 輪葉金鶏菊
植物分類 キク科コレオプシス(ハルシャギク)属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え
原産地 アメリカ
花言葉 楽しい思い出 撮影者:東京都 中村利治様
解説 イトバハルシャギクは、キク科の多年草である。草丈は30~40㎝程度。葉は、名前の通りに細かく切れ込み、糸状となり、茎に輪生する。6~9月頃、茎上部に散房花序を出し、径5㎝程度で黄花の頭花をつける。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考