←トップ頁へ

和名jp イトアシ
漢字表記  糸葦 
別名・異名
other name
リプサリス・カスタ
宇都宮市:ろまんちっく村にて↑
古名
old name
語源
etymology
和名は、丸棒状の茎の様子からと推測される。
属名はギリシャ語のrhips(=枝編み細工)に由来しており、針を持たない枝が着生する様子を示している。
種小名は、ギリシャ語のcassytha(=ネナシカズラ)を語源としているものと推測される。
学名sn Rhipsalis cassutha(=Rhipsalis baccifera)
英名en Mistletoe Cactus
仏名fr  
独名de Korallenkakutus
伊名it
西名es
葡名pt Mistletoe cactus
漢名ch 絲葦
植物分類 サボテン科リプサリス属
園芸分類 多年生草本
用途use 吊り鉢植栽培
原産地
distribution
アメリカ大陸/アフリカ/スリランカ/マダガスカル島
花言葉
解説
description
イトアシは、サボテン科の多肉植物である。イトアシの属するリプサリス属は本来的には、南北アメリカ大陸の熱帯雨林、山岳霧林、有刺林等の樹幹や岩の上に、シダやランに混じって着生するという。アフリカやスリランカ、マダガスカル島にも分布が見られるが渡り鳥によって種子が運ばれたと推測されている。写真掲載したイトアシの場合、丸棒状の茎節が盛んに分枝を繰り返し、一抱えもあるほどの株に成長するという。花は小さく白色で開花後に結実するがあまり目立たない。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考